こんな会社はやばい!辞めたほうがいい職場【特徴9選】

仕事を辞めたい、転職したいと考えたことは誰しも一度はあると思います。

すぐに辞めないで我慢しろという精神論を振りかざしてくる人もいますが、その環境を選んでしまった時点で詰んでるということもありますよね。

その環境にいると、自分の会社はおかしいのか?わからなくなることもあると思います。


そこで今回はこんな会社はやばい!と思う特徴を私が今まで勤めた職場の経験をもとに書いていきたいと思いますのでぜひ最後までチェックしていってください。

目次

ヤバい会社の特徴9選

休みが少ない・休日出勤が頻繁にある

仕事を辞める理由としては定番ですよね。

休みが少ないと、休みの日は寝るだけで終わってしまうことも多いと思います。
家族との時間や自分の自由な時間も取れず、ただ次の日からの仕事のために休むことになります。

生きるために働いているか、働くために生きているのか、そんなふうに思ってしまう時が来ると思います。

仕事が好きなら話は別ですが、自分の好きなことを仕事にしている人は少ないですよね。

自分の好きなことに費やす時間は仕事以上に大切なことです。

また身体が疲労困憊してしまうと精神的にもダメージがあり、場合によってはうつ病になってしまうなど好きなことを楽しむ余裕もなくなってしまいます。

今すぐにでも辞めたほうがいい職場といえるでしょう。

ブチ切れる上司がいる

当然セクハラやいじめをする上司は論外です。

それ以外で特にヤバいのがブチギレてくる上司です。

部下に注意をしなくてはいけない場面はあると思いますが、声を荒げたり感情的に叱りつけることは、逆効果です。

上司と部下という立場が明確に上の人間がブチギレてきた時点で部下は萎縮してしまい、怒られたことに反省するというより「次からは上司に怒られないようにしよう」と思うだけです。「もっと頑張ろう」と思える注意の仕方をしなければ意味がありません。

それすらわかっていない、感情が止められない幼稚な上司と一緒に働くのはプラスになりません。

また、上司から受ける影響も大きいため、自分の今後の仕事の仕方まで変わってきてしまう可能性があります。

尊敬できない上司のもとで働くのは絶対に辞めたほうがいいでしょう。

離職率が高い職場

採用しても採用しても毎月辞める人が出てくる・・・

そんな離職率の高い職場もヤバいです。

私の経験上、離職率の高い職場は、常に人手不足で新人への教育もままならず、結局人も育たない、仕事ができる人間に仕事が集中してしまう・・・といった最悪の環境になっています。

新人からしてみれば周りは忙しそうで、自分は放置されている・・・と感じてしまい辞めてしまいます。

また、仕事ができる人はできない人の分まで仕事をやらされていると感じ、優秀な人も辞めてしまうケースが多いので、いつまでも人手不足は解消されないという悪循環になっているからです。

このような状況に陥ったら会社が本気で改善しない限り無限ループです。早いとこ逃げましょう。

変わろうとしない会社

コロナウイルスの影響で、リモートワークになったという会社も多いのではないでしょうか?

ただし病院や飲食店やスーパーなどリモートワークにはどうしても出来ない業種もあります。

そういった場合は仕方ないのですが、時差出勤やリモートワークを導入できるにも関わらず、まったく実行していない会社はヤバいです。変化を嫌う、変化する努力を怠る会社は辞めたほうがいいです。


何十年も同じように経営していても時代やその時の環境の変化についていかなければ会社は生き残れず淘汰されていきます。

環境の変化に柔軟に対応していける企業のほうが将来性があり、今後またこのようなことがあっても安心と言えます。

ノルマがあるのに見返りがない会社

「すべては結果だ!」

というプレッシャーで毎月毎月頑張り続けて、最初は勢いで頑張れるのですが、いつか「自分はなんのためにこんなに頑張っているのだろう」と、ふと立ち止まる時が来ます。

ノルマ自体もストレスですが、それに加えてそのノルマを達成しても見返りがまったくないと、どうして頑張らないといけないのか、頑張る意味を見失ってしまいます。

もちろん超体育会系でどんどん売上を上げて、会社に貢献していることに楽しさを覚えている人ならいいのですが、今の時代にそんな人は少数派です。

年功序列が重視されすぎる

年功序列がある職場はまだまだたくさんあると思いますが、そこに重きをおいている会社は良い会社とは言えません。

どれだけ自分が頑張ったとしても、パソコンもろくに使えないような勤続年数だけ長い人間のほうが高い年収であった場合、やる気を失って頑張ろうとしなくなってしまい、成長の妨げになる可能性が高いです。

適切な評価をしてくれる会社にいったほうが良いでしょう。

共有スペースが汚い

清掃員を雇う余裕もない会社の可能性が高く、汚いことが常態化していて社員も疑問に感じていない状態が続いている会社はあまり良い会社とは言えません。

普段使う共有スペースや職場が汚いこともストレスになります。

清掃業者を雇うなり改善の余地もありますが、特にきれい好きな人にとっては最大のストレスになる可能性が高いです。

気持ちの良い仕事をするには目に見える環境は非常に重要です。

これは余談ですが、昔20歳くらいの頃、アルバイトでテレビにも出るような某有名レストランで働いていた時、お客さんから見えないバックヤードや厨房に毎日のように虫(主にG)が出ていて、他の従業員も慣れているからか普通に殺してるんですね。

もう2日で辞めました(笑)

飲食店は他にもやりましたがここまでひどいのは初めてでした。

会議がやたら長い

なんとなく集まれば会議が成り立っていると思っている職場は会議が長くなりがちです。

私が辞めた職場では決まった人だけが毎週会議をしていたのですが、1度の会議に毎回3時間以上かけていました。

また、その会議の内容も結局は一番立場が上の人間の意見が最終的に通ると言った、「話し合い」ではなく「高圧的な指示」で終わるという無意味な会議です。

集まって会議のようなことをしていれば仕事をやっているように錯覚してしまうのです。

この場合上の立場の人だけが満足していて、他のメンバーは会議をするために仕事をしている感覚になり、会議のための資料作りで仕事が回らないと言った悪循環も生まれます。

そもそも3時間以上かけないと何も決まらない会議なんて超不毛ですし大半が無駄な時間ですよね。

いい案が出ないからと言ってただ座って喋っているだけじゃ意味がないし集中力も持ちません。日頃の連携が取れていれば何時間も会議する必要なんてないです。

そういうのは大抵仕切っている人間がダラダラ話したいだけなんです。

飲み会が強制参加

いまどきこんな会社ないでしょ?と、私もそう思っていましたが、未だに存在するんです。

特に年配が多い会社は当然全員参加という考えの時代の人間が大半であるため、誰も疑問に感じていません。

そういうものだと思っています。

行きたい人は参加して行きたくない人は参加しない、それでいいと思うんです。

ネットやテレビなんかでもよく飲み会に行きたくない、とか見ますよね?

未だに強制参加を強いるような会社は、新しい価値観を受け入れられない古い体質の会社と言えると思います。


これは飲み会だけに関わらず、仕事や他の面でも自分の価値観を押し付けてくる人間たちの可能性が高いので要注意です。

いかがでしたでしょうか。もしかしたら共感できる部分もあったのではないでしょうか。よければ参考にしてみてください。

転職会議は会社の口コミが見れるのでおすすめです!

転職会議

SHARE

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる