入社したばかりだけど辞めたい人へ。【メリット・デメリット】

会社に入ったばかりなのに辞めたい・・・

試用期間中など会社に入ったばかりの数日~3ヶ月以内の早い段階で

「思っていたのと違うな・・・」とか

「この会社には合わないな・・・」と思ってしまった経験ありませんか?

私はあります。
私自身は友人の紹介だったこともあり、辞めるなどと言い出しづらく、結局はそこで3年弱働いたのですが・・・。

結論から言うと、入ったばかりでも辞めていいと思います。

よく「入社して3年は働け」とか、転職に響くなどと言われているのですぐに辞めるのは気が引けてしまいますよね

転職回数が多くなることを懸念しているとか、もしくは家族に言い出しづらいとか、私同様に友人の紹介だったりと辞めづらい状況は様々あると思います。

会社を辞めたい=甘えではありません!その環境に合う合わないは人それぞれです。


病んでしまったら正常な判断が出来なくなることもあります。

私の体験談も交えて今回は入社したばかりで辞めるメリット、デメリット、を話していきたいと思います。

転職会議
目次

辞めたい理由と対処法

入社したばかりで辞めたい理由ですが、こちらもそれぞれ違うと思いますが大きく分けると

  • 入社前に思っていた労働環境と違う
  • 人間関係
  • 会社の雰囲気がなんとなく合わない

このあたりが多いように思います。
まずは一つずつ上記の対策と見解を書いていきたいと思います。

入社前に思っていた労働環境と違う

  • 残業が多い
  • 出張が多い
  • 給料が安い

などがあった場合、辞める前にまず一度は上司や人事部などに相談してみてからでもいいと思います。

相談してみたら改善されることや、お互いの食い違いが解消される可能性があります。

ただしあまりに残業が多い場合・・・

繁忙期や業種によっては月末や月初が忙しいなど、どうしても残らなければいけない場面もあると思います。

ただし、毎日のように残業があったり、明らかに従業員が長時間労働をしないと回らない仕組みになっている会社はヤバいです。

十分な睡眠も取れないほど忙しく疲れが溜まってしまうといい仕事も出来ません。

もしもブラック企業に入ってしまったら今すぐ逃げたほうがいいでしょう。

人間関係

人間関係で辞めたいと思うことは非常に多いと思います。

嫌な同僚や上司がいる場合、どうしても我慢できない場合には大きい会社だと部署異動などの方法もあるので一度相談してみるのもいいと思います。

また、大きな会社だと望まずとも部署異動があったり、席替えがあったりと、苦手な人と離れられる可能性もあります。

いじめやパワハラは論外ですが、新人期間の仕事ができない間だけ厳しい人もいるので、苦手な人とは必要最低限のみ関わるようにしてやり過ごせないかなど一度は問題解決を図ってみましょう。

ちなみに嫌な人というのは大抵周りも嫌っています。

個人的な意見ですが管理職などの立場で、パワハラや仕事を押し付けてきたりなど明らかに嫌な上司がいる場合、その人を管理職に選んだその上の上司もヤバい人である可能性が高いです。

もっというと会社自体がまともではない場合もあります。

そんなときにはさっさと見切りをつけてもいいかもしれません。

会社の雰囲気がなんとなく合わない

こちらは上2つの理由と大きく違うのは漠然としていて、なかなか他人に説明するのが難しいことです。

対人間でも、直感で「あ、この人とは合わないな・・・」なんて思うことありますよね?

その直感が外れることもあれば当たることもあると思います。

なんとなく雰囲気に合わないという場合は1~3ヶ月程度は様子を見てもいいかもしれません。

というのも、誰しも新しい環境では最初は違和感をおぼえるのは当然です。

人間関係でも最初は合わないと思ったけど意外と仲良くなれたというケースはあるので、会社の雰囲気も1ヶ月も経てば自然と馴染めることもあります。

ただ個人的な意見としてはこの漠然とした「合わない」という直感、違和感は当たる場合が多いです。

これは個々人の感性の問題なので一概には言えませんが、正直この「なんとなく」雰囲気が合わないというのは漠然としているからこそ変えようがないのです。

私はどの理由よりもこの直感が働いた場合は、自分の直感を信じて辞めてもいいと個人的には思います。

 

入社したばかりで辞めるメリット

無駄な時間を過ごしてしまわずに済む

これが最大のメリットです。

例えば仕事があまり好きではない場合、あまりスキルも身につかないままダラダラと過ごしてしまう場合があります。

また、転職市場は1歳でも若いほうが有利になります。

そのため3年は我慢しようなどと言っている間に年をとってしまい、年齢の割にスキルが身についていない、など、逆に転職に不利に働く場合もあります。

ストレスから開放される

合わない会社や人間関係で悩むことがなくなります。

会社は週5日、1日8~9時間を過ごす場所です。

平日は会社に行く準備や通勤時間も含めて、起きている時間をのほとんどを仕事に費やすことになる思います。

「辞めたい」と悩むこと自体もストレスになります。

早めに決断することでストレスから開放され、次の自分に合った居場所を見つけ出せます。

転職のチャンスを逃さずに即行動に移せる

辞めたいと思いながら、転職サイトを眺めては「転職したいな~」と思ってはいませんか?

転職もタイミングが重要です。例えば新卒なら第二新卒として採用してもらえますし、受けてみたい会社があっても「忙しくて面接に行けない・・・」とチャンスを逃してしまう場合があります。

入社したばかりで辞めるデメリット

転職で不利になる

やはり転職の際に面接官になぜすぐに辞めたのか聞かれる可能性は非常に高いです。

あまりのブラックな環境であった場合は理解を示してくれる会社もあります。

「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまう可能性は高いので、面接官に対してその不安を払拭できるような説明とキャリアプランを提示すればそこまで不利に働くことはないと思います。

ただし書類審査の時点で落とされてしまう場合もあります。

お金の面で不安定になる

特に一人暮らしの場合や家族を養わなければいけない立場にある場合には退職後の生活のことを考えるとなかなか辞めにくいと思います。

自己都合退職の場合、失業保険が受給できるまでに3ヶ月の待機期間があるので、それまでの生活費は貯金から切り崩すことになります。

また、失業保険も平均では給料の6割程度の場合が多く、生活費には足りない場合も少なくありません。

そもそも一定期間の雇用保険の加入をしていないと失業保険は受給できないので、すぐに辞めると失業保険は出ない場合もあります。

辞めグセがついてしまう

1年以内の転職が1回なら面接時の説明も成立しますが、何度も繰り返してしまうと転職活動でも相手にされなくなってしまう場合があります。

特に急いで転職した場合など、ロクに企業選びをしないで転職先を選んでしまった場合に、スピード退職を繰り返してしまうケースもあります。

転職は慎重に企業選びをしていったほうがいいです。

会社を辞めるか迷ったときには

まずはどうして辞めたいかを自分自身で理解し、それに対する解決策や対処法はないかを考えてみましょう。

ときには会社以外の友人に相談して客観的な意見をもらっても良いかと思います。また、上司や同僚に相談することで解決できる場合もあります。

ただし第三者の意見よりも自分の意見が一番大切です。辞めないで済むならそのほうがいいですが、辞めたほうが幸せになれるのであれば、周りの目など気にしなくてもいいと思います。

くれぐれも心身の不調には気をつけてください。

退職を言い出しにくい・・・そんなときは

退職代行サービスを使えば面倒な手続きや交渉をしてくれます!

最近ではメジャーになってきて様々な会社でサービスも充実しています。

費用はどこもだいたい3~5万円前後になっているようですね。

 
転職会議
SHARE

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる