【退職後】会社を辞めたらやること・手続きなど【実体験】

会社を辞めたらどんな手続をしたらいいの?と不安に思いますよね。

実際私自身、今年初めて転職先が決まっていないのに会社を辞めたのでそういった疑問や不安もありました。

そこで、今回自分自身も体験した、会社を辞めたあとの手続きなどをまとめてみましたので良かったら参考にしてみてください。

会社を辞める前の準備、退職日までにやることは前回の記事で書いています。

今回は会社を辞めたあとの行動についてお伝えしていこうと思います。

目次

健康保険について

健康保険資格喪失証明書を会社から退職後に発行されます。

以下のいずれかの手続きをする必要があります。

  • 再就職先で加入
  • 国民健康保険
  • 任意継続
  • 家族の扶養に入る

再就職先で加入

転職先が決まっており、間を空けずに転職する場合には、再就職先に健康保険資格喪失証明書を提出するだけでOKです。

国民健康保険に加入する場合

転職先がすぐに見つからない場合で、任意継続しない・扶養に入らない場合には市区町村運営の国民健康保険に加入する必要があります。

加入条件が特にないので、誰でも加入できるのが特徴です。

これまでは会社の給与から社会保険が天引きされていたので自信でなにかする必要はなかったと思いますが、社会保険から外れたら、国民健康保険の加入の手続きを区役所の窓口で14日以内に行いましょう。

もしも14日以内に加入出来なかった場合も、遡って退職日の翌日から請求されますので、早めに手続をしたほうが良いです。

健康保険資格喪失証明書と本人確認書類は手続きの際必ず必要です。

通帳や印鑑、マイナンバーなども必要な場合もあるので、一度住んでいる地域の区役所に問い合わせてみてからのほうが良いかもしれません。

任意継続を選択する場合

任意継続とは、退職後も前職の健康保険の加入を最長2年間継続できる制度です。

加入条件があります。

(1)資格喪失日の前日までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」があること

(2)資格喪失日から「20日以内」に申請すること

メリット

  • 会社に勤務していたときと同じ保険給付等を受けることが出来る
  • 国保と違い、扶養という概念があるので保険料は1人分で済む

デメリット

  • 最長で2年間しか継続ができない
  • 一度任意継続を始めたら2年間は国保への切り替えや、家族の扶養に入ることは原則できない
    (実際には滞納すれば資格喪失して国保に入ることも出来る)
  • 会社負担で半額だった分がなくなり、全額負担になる

国保と比較した際に、どちらが安くなるかは正直、前年の収入や扶養人数にもよるので、一度計算してみたほうが良いと思います。

家族の扶養に入る場合

家族(配偶者や親)が加入している社会保険に入って、扶養家族になるということも条件によっては可能です。

加入条件があります。

(1)日本国内に居住

(2)被保険者により生計を維持されていること

(3)配偶者、子、孫、兄弟姉妹、父母、祖父母などの直系尊属、同一世帯の3親等内の親族

(4)年収が130万円未満(60歳以上又は59歳以下の障害年金受給者は年間180万円未満)、かつ同居の場合は被保険者の年収の1/2未満

(5)別居の場合は、被保険者からの仕送り額未満であること

など、条件がかなりたくさんあります。

これは基本的なケースで、他にも様々な条件や例外的なケースもありますので注意してください。

手続きは、扶養に入る家族の会社に申告する必要があります。

必要な書類は加入先によりますので、家族に確認してもらいましょう。

国民年金について

「厚生年金」から「国民年金」に14日以内に切り替えの手続きをしましょう。

もしも14日以内に手続き出来なかった場合も、遡って退職日の翌日から請求されますので、早めに手続をしたほうが良いです。

国保に加入する際には一緒に区役所で手続きするのが一番ラクですね。

年金手帳・離職票・健康保険資格喪失証明書や身分証などが必要となりますので、一度住んでいる地域の区役所に問い合わせてみてからのほうが良いかもしれません。

ハローワークへ失業保険の手続きへ

一番大事なのが失業保険の手続きです。

退職日から10日以内に、離職票が送付されますので、送付されたら直ちに手続きに行きましょう。

遅れれば遅れるほどもらえるのが遅くなるので、早めに行くことをおすすめします。

手続きは、住んでいる地域のハローワークに申請手続きをしに行きます。

ハローワークのホームページに詳細は載っていますので確認してみてください。

とりあえず簡単に言うと、最初の手続きでは必要な書類さえ揃っていれば大丈夫です。

  • 離職票1と2
  • マイナンバーが確認できるもの
  • 身分証
  • 写真(縦3.0cm×横2.5cm)2枚
  • 印鑑
  • 通帳かキャッシュカード

その後は詳しい説明が職員からされますので、ひとまず必要書類の準備をして、速やかに申請手続きをしに行きましょう。

その他にやったこと

基本は上であげた3つでをやっておけば間違い有りません。

他には

  • 納税の納付書が届いたら支払う
  • 転職サイトに登録
  • 失業保険の認定日は忘れないようにカレンダーにチェックする【コレ大事です!】

くらいですかね。やったことと言えば。

思い出したらまた書きますが、意外とやることは多くありませんので安心してください。

まとめ

  • 健康保険
  • 国民年金
  • 失業保険

次の入社までに日数がある、もしくは転職先が決まっていない場合は、とりあえずこの3つの手続きさえ抑えておけば間違いないと思います。

ちなみに私は面倒くさがりなので、朝から区役所に行って、健康保険と国民年金の手続きをして、午後にハローワークへ行き、1日で手続きを済ませました。

私の場合は、ハローワークの雇用保険受給者初回説明会などは中止になったり、国民健康保険の免除などの手続きをしたりと、コロナの影響で少し普段と違うことがありました。

コロナでいろいろと地域や、時期によって手続きなども変わってきたりするので、基本はこの3つの手続きですが、手続きや支払いの免除などを受けれたりするので、損がないように確認してみてください。

SHARE

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる