【おすすめ明太子】かば田の「昆布漬辛子めんたい」を食べてみた感想

たまには究極に美味しい明太子が食べたい!

そう思い立ち、かば田の明太子をお取り寄せしてみました。

白いご飯にプリプリの赤い明太子・・・これさえあれば生きていけるというほどご飯+明太子の組み合わせは美味しいですよね。

食べてみた感想などを書いていこうと思います。

目次

かば田の明太子って?

株式会社かば田食品が製造・販売している辛子明太子で、「福岡といえば明太子」ですが、数ある中でも有名店の一つです。

福岡県北九州市にある会社で、創業は大正十年という超老舗。

キャッチフレーズは「味にてん、心にまる」。

元々が漬物店だったため、昆布のだしで味付けする「昆布漬」にこだわっており、かば田の明太子は出汁が効いていることが特徴です

ふっくら艶やかなめんたい。

それだけで、毎晩の食卓が贅沢に、華やかに変わります。

かば田が老舗漬物店であった時代から受け継がれてきた「漬ける」技術を生かし、北海道産の肉厚昆布、仕込みづゆとともに漬物貯蔵製法で仕上げました。

辛さの中に旨味がたっぷりの味わいです。

かば田の昆布漬辛子めんたいは、めんたいの表面が乾燥して固くならないように、また旨味・辛味を逃がさない為に「仕込みづゆ」を注ぎ一緒にパッケージしております。

公式サイト・商品ページより

写真や感想

今回購入したのは、昆布漬辛子めんたい『きれっ子』 250g ¥1,620 (税込・送料別)

お試しということで家庭用のきれっ子にしてみました。

家庭用だと少し安く購入できますし、人にあげるわけじゃないので、切れ子でも味は変わらないのでいいですよね♪

100gあたり648円とコスパも◎

商品自体のお値段はお安めですが、ただ、関東の送料が1,430円と高いのがちょっとネック。

ギフトには「昆布漬辛子めんたい『雷』 化粧箱詰」が人気のようです。

ヤマトの冷蔵便で届きました。パッケージはこんな感じ。

液がたっぷりと一緒に入っていて、美味しそう~。

開けてみると全然切れたりちぎれていたりしておらず、どでかい明太子がまるまる3本。

たまたま切れ子がなかったのか、ラッキーです。

それにしても想像よりも1.5倍くらいでかい明太子。昆布もたくさん入っていて、この昆布も美味しそうです。

液がたっぷりだったのですが、明太子自体は固くもなければゆるくもなく、箸で切るとしっかりとした形が残っています。

原材料はこちら。

すけとうだらの卵巣(米国産)、昆布、発酵調味料、かつお節エキス、清酒、還元水飴、食塩、唐辛子、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、酒精、ソルビット、トレハロース、酸化防止剤(V.C)、増粘剤(キサンタン)、着色料(黄5、赤102、赤3)、pH調整剤、発色剤(亜硝酸Na)、酵素、(一部に大豆・ゼラチンを含む)

では食べていきたいと思います。

一口目。

「うま!辛!」

予想よりも辛かったので、汗が吹き出すまでは行かないのですが、食べたあとも少し顔が暖かかったです。

結構辛い。そしてめちゃくちゃ美味しい!!

粒は小さめですが一つ一つの粒感もあってプチプチも感じられます。

そして味がめちゃくちゃ染みていて、濃いめの味がご飯に合います。

味付けがしっかりしているので少量でご飯が進みます!

結構辛いとはいっても辛すぎず、昆布のまろやかさと旨味が強く、旨味と辛さが上手く調和しています。

皮も薄くて気になりませんでした。

昆布もしっかりと味付けされたピリ辛な味で、少し粘り気があってご飯と合います。

いつもスーパーで買う明太子に「辛さが物足りない」と感じている人には是非!食べてほしいです。

調味液もたっぷり入っていて、料理にも使えそうですし、食べたあともポカポカするので冬にピッタリ!夏の食欲ない時期にも良いと思います。

これはリピートの可能性高いです!!

\公式サイトはこちら/

味にてん、心にまる。昆布漬辛子めんたいはかば田

まとめ

  • 味は結構濃い目
  • 辛さは結構ある
  • 粒は小さめだけどプチプチ感あり
  • 固すぎずゆるすぎず
  • 昆布の旨味が効いている
  • 生臭さはそこまで感じない
旨味
辛さ
コスパ
味の濃さ
総合評価
SHARE

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる