【地雷】家族経営・同族経営はやばい!【実体験9選】

家族経営・同族経営はやめといたほうがいいなんて話を耳にしたことも多いのではないでしょうか。

役員全員が家族・・・なんて会社は、ほぼ地獄の始まりなので就職の際には気をつけましょう。

ハッキリと断言します。家族経営・同族経営の中小企業で働くメリットは「ない」です。

目次

家族経営・同族経営の中小企業は要注意!

この記事で書く家族経営・同族経営とは、中小企業のことです。

トヨタなどの大企業でも家族経営・同族経営の会社はたくさんあるでしょうが、大企業と中小企業では事情が全く異なります。


大企業であれば役員全員が親族で占められるなんてことはまずありませんし、社長は親族で継いでいくとしても、他の役員の目や意見もありますから、影響はそこまで大きくありません。

しかし中小企業だと役員全てが親族なんてケースも珍しくはないでしょう。

なんの経験もスキルもない社長の息子が突然入社し、役員に就任するというような会社は、悪いことは言わないので就職はやめておいたほうが良いです。

約3年間「THE家族経営の中小企業」で働きました

私は約3年働いた家族経営の会社を今年辞めました。

社員10人ちょっとの小規模な中小企業でしたが、社長はとても良い人で、従業員に優しく、残業はなく、給料も良い、わりとホワイト企業だったにも関わらずです。

(人によって休みが少ないというのはありましたが・・・)

どんなに条件が良くてもここで働きたくない!

そう思わせた家族経営の実態について、具体的にどうヤバいのか?ここからは私の体験談をもとに書いていこうと思います。

家族経営・同族経営の中小企業は地獄!実体験エピソード9選

突然勃発!親子喧嘩

社長とその跡取り息子が社内で喧嘩をすることなんて日常茶飯事。

上司と部下がぶつかるケースは他の会社でもありますが、さすがに他人なので遠慮はあります。しかし、親子だと他人同士の遠慮はないので収まりがつきません。そのたびに社内は重い空気に包まれていました。

というか「一体何を見させられているんだ・・・?ていうか別の部屋でやれや!」って思っていました。

他人のケンカを観るだけでもストレスは溜まりますし精神衛生上よくないです。

あとぶっちゃけ引きます。

社長の嫁が専務!息子を溺愛している権力者

まず最初に言っておきます。社長の嫁が一番強い。
親子喧嘩の際に、社長の奥様も社内にいるのですが、止めに入ることもありません。それどころか息子の意見に同調し煽るのです。

母親は旦那よりも息子が可愛いのです。

社内の誰もが跡取り息子を敬遠していましたし、言っている意見もめちゃくちゃで、誰が聞いても社長の意見が正しくても、母親に背中を押されれば、もっと強気になります。2対1の構図ができてしまい、社長が折れるケースもしばしば。

そしてその息子のメチャクチャな意見で始まった新たな事業を軌道に乗せるのも、プランを考えるのも、しわ寄せは他の社員に来ます。息子がきちんと父親を尊敬している場合は別ですが、

トンデモないワガママ息子の場合、会社が荒れます。

いい年こいた息子を溺愛している母親も、母親に甘えている息子も気持ちが悪いです!

アットホーム、社員は家族。そう思っているのは経営陣だけ!

「アットホームな職場です♪」求人でもよく見ますよね?
絶対地雷です。

大抵、人間関係が出来上がっていて、新しい人は浮きます。
アットホームといえば聞こえはいいですが、実態は家と会社を区別できていない、会社を私物化している経営陣が言っているだけです。

「社員は家族」なんて言うと聞こえはいいですが、プライベートも詮索したりズケズケと入り込んでくる、デリカシーのない経営陣の戯言です。

優秀な人でも出世しない

優秀な人材より無能な家族、親族が上に立てる、それが同族企業なのです。
もしくは、
出世=一族に気に入られるかどうか
これに尽きます。

会社での人事評価は様々ですが、良い会社は実力や実績で評価してくれますよね。もちろん中には上司に気に入られて出世というケースもありますが、同族企業は「気にいるか」「気に入らないか」これが他の企業よりもはっきりと色濃くでます。

社員はほぼ親族の友達!ゴマすり必須

私がいた会社では、おばさん連中は全員が社長の奥様のママ友です。これが半数以上。

30代、40代の男性陣もいましたが、やはりおばさん連中には意見も言えません。

年も下な上に、社長の奥様とお友達なので、男性陣は自分の出世のために社長の奥様やおばさん連中にゴマすり反吐が出るようなセリフでおばさんを褒めまくっていました。

社長の息子も自分の友人を数人入社させ、お気に入りの人だけで周りを固めて毎週のように1回3時間以上も会議をして、「自分はチームを組んですごい仕事に真面目に取り組んでいるんだ」と悦に入っていました。

公私混同?家族間のあだ名

社長の娘が学生だったため、たまにアルバイトで現れるのですが、名前で呼ぶ分には構いませんが、家族間で読んでるのであろうあだ名で会社内でも呼んでいるのが気持ち悪かったです。

また、跡取り息子のことを父親(社長)、母親(社長の嫁)までもが「おにいちゃん」と呼んでいるのも気味が悪かったです。

せめて会社だけは名前で読んだらどうかと思っていました。

コンプライアンス意識が低い

セクハラやパワハラが起きやすいです。

というか、実際に「これセクハラじゃない?」と思った発言や、跡取り息子が嫌いな社員への明らかなパワハラを何度も目撃しました。しかし役員全員が家族のため、誰も注意しないで放置されます。

まさに無法地帯。

父親派、息子派の派閥争い

私が働いた会社では、実際は息子派いませんでしたが、息子が囲っているお気に入りの人間と、昔からいる社長派の人間での対立はありました。

社長は穏やか、息子は気性が激しいので、何かあっても皆息子に進言することはないので(したあとが面倒なことになる)、イエスマンばかりになってしまい、息子は「俺の意見が正しい」と思い込み、

社長も自分には従業員が付いて来ていないのか・・・と自信をなくされている様子がありました。

ブラックになりがち

実際私が働いていた会社はかなりホワイトでしたが、家族経営はブラックなんてところは多いのではないでしょうか?

これは経験談ですが、労務管理などもすべて無能な身内がやっているため、良いときは大手よりも融通がききやすいというところですが、悪いときは管理が杜撰で休みがあまり取れていない人もいました。

また、経営陣は家と会社の境界線があまり引けていないので、ブラックの認識もないのかもしれません。

家族経営や中小企業だからこそ退職代行サービスの利用も

個人経営だったり、家族経営の中小企業は大企業に比べて辞めづらい・・・

大企業は入ってくる人も辞める人も多いですし、割と業務的に辞められる可能性が高いですが、小さい会社こそ辞めると言いづらかったり、個人的な感情も入ってしまい、最悪の場合揉めることも・・・

私も揉めるまでは行かずとも大きな会社よりも情に訴えてきたり退職交渉は面倒でした。

いかがでしたでしょうか。

完全に私の体験談に基づいたエピソードですが、家族経営の会社で働いている人は共感できる部分もあったのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

SHARE

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる